食卓の賢人たち

アテナイオス 著 ; 柳沼重剛 編訳

舞台は2世紀頃のローマ。次々と出される料理を楽しみながら、その材料や料理法や食器や食べ方等々について、宴に招かれた客たちが競って蘊蓄を披露する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 無花果
  • シトロン
  • 真珠
  • 臓物など
  • 奇妙な用語についてウルピアヌスとキャヌルコスが喧嘩をすること
  • パン
  • 塩漬魚
  • 冷たい飲物
  • マケドニアの結婚祝賀宴
  • アテナイの食事の簡素さ〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食卓の賢人たち
著作者等 Athenaeus, of Naucratis
柳沼 重剛
アテナイオス
書名ヨミ ショクタク ノ ケンジンタチ
書名別名 Δειπνοσοφισται. (抄訳)
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1992.4
ページ数 500p
大きさ 15cm
ISBN 4003367510
NCID BN07539148
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92045619
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ラテン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想