日本化学工業論

近藤完一 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき / p1
  • I. 巨大化時代の意味
  • I-1 巨大化時代の意味 / p3
  • I-2 独占と集中の時代 / p12
  • I-3 化学工業の構造は変った / p22
  • I-4 日本の化学工業の国際的位置 / p28
  • II. 石油化学工業
  • II-1 石油化学工業の諸前提 / p39
  • II-I-1 石油体制の確立 / p39
  • II-I-2 消費地精製主義の展開 / p45
  • II-I-3 化学原料としての石油 / p61
  • II-I-4 国際石油独占資本と日本 / p67
  • II-II 石油化学工業と国家 / p87
  • II-II-1 石油化学工業と国家 / p87
  • II-II-2 石油化学工業と国有財産 / p95
  • II-II-3 石油化学の設備投資にはたした国家の役割 / p103
  • II-II-4 石油化学工業と税制 / p109
  • II-III 資本と技術 / p120
  • II-III-1 化学工業における外国資本と技術 / p120
  • II-III-2 過当競争の論理と構造 / p150
  • II-IV 日本の石油化学工業の国際的位置と特徴(1) / p184
  • II-IV-1 エチレン生産規模と価格 / p184
  • II-IV-2 エチレン生産技術の動向 / p230
  • II-V 日本の石油化学工業の国際的位置と特徴(2) / p242
  • II-V-1 コンビナートとコンプレックス / p242
  • II-V-2 日本の石油化学工業の発展要因とその矛盾 / p248
  • II-V-3 エチレンとその誘導品 / p256
  • II-V-4 プロピレンとその誘導品 / p276
  • II-V-5 B・T・Xとその誘導品 / p289
  • III. プラスチック工業
  • III-1 プラスチック工業の発展 / p297
  • III-2 日本のプラスチック工業の国際的位置と特徴 / p313
  • III-3 加工資本の構造と実態 / p324
  • III-4 加工資本の再編と集中 / p346
  • IV. 合成洗剤工業
  • IV-1 転換期における資本と技術 / p363
  • IV-2 洗剤工業の発展と変貌 / p372
  • IV-3 合成洗剤工業の発展と独占の形成 / p377
  • IV-4 合成洗剤工業と石油化学 / p384
  • IV-5 公害が産業を変えた / p388
  • IV-6 <公害>--新たな競争の起点 / p391
  • V. 日本の科学工業の特質--その解体と再編--塩化ビニル工業を中心に--
  • V-1 日本の化学工業の発展と主導した塩化ビニル工業 / p401
  • V-2 石油化学工業と塩化ビニル工業 / p425
  • VI. 国際独占資本と日本の化学工業
  • VI-1 資本の再編・集中と外資 / p451
  • [VI]-2 国際独占資本と日本の化学工業 / p469
  • VII. 現代化学工業の新しい段階
  • VII-1 パイプラインの現代的意味 / p489
  • VII-2 国際独占資本と国家 / p491
  • VII-3 ワールド・エンタープライズの対外投資の特徴 / p495
  • VII-4 ワールド・エンタープライズとヨーロッパの化学工業 / p502
  • VII-5 現代化学工業の新しい段階 / p508
  • VIII. 巨大化と資本の自由化
  • VIII-1 アンモニア工業の大型化と資本の集中 / p517
  • VIII-2 資本の再編・集中にはたす政府の役割 / p523
  • VIII-3 競争手段としての巨大化 / p528
  • VIII-4 資本自由化と内外独占資本 / p536

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本化学工業論
著作者等 近藤 完一
書名ヨミ ニホン カガク コウギョウロン
シリーズ名 科学論・技術論双書 ; 9
出版元 勁草書房
刊行年月 1968
ページ数 545p
大きさ 20cm
NCID BN07538101
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68008644
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想