いま宗教をどうとらえるか

宗教社会学研究会 編

本書は、学際的な研究者集団として日本の社会科学的な宗教研究に多大な足跡を印し、1990年に15年にわたる活動の幕を閉じた宗教社会学研究会の、解散シンポジウムをもとに構成した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 基調報告-シンポジウム
  • 第1部 研究対象としての宗教(存在の深みへ-人類学から
  • 宗教社会学への道-社会学から
  • 拡散する現代宗教への視点-宗教学から)
  • 第2部 宗教研究と宗教社会学研究会(研究者集団としての宗教社会学研究会
  • 研究対象としての新宗教-宗社研の新宗教研究と新宗教の戦略高地性
  • 宗教理解と客観性)
  • 第3部 宗教研究の新しい視角(比較「民俗/民衆宗教」論の課題-欧米における「民俗/民衆宗教論」概念を中心として
  • 民衆と民俗をめぐる地勢学-民衆文化論へ向けて
  • 新宗教と女性-天理教における女性救済を通して
  • 祭り‐宗教ブーム-「心の時代」のアイロニー)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いま宗教をどうとらえるか
著作者等 宗教社会学研究会
宗教社会学研究会 (1975年)
書名ヨミ イマ シュウキョウ オ ドウ トラエルカ
出版元 海鳴社
刊行年月 1992.3
ページ数 246p
大きさ 19cm
ISBN 4875251475
NCID BN07534290
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92040147
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想