実例実務交通事故の損害賠償法

大野文雄, 矢野正則, 今西勇 著

[目次]

  • 目次 / p1
  • 第一章 民事上の不法行為と自動車損害賠償保障法 / p1
  • 一、従来の賠償責任の原則 / p1
  • 二、新しい自動車賠償責任の原則 / p1
  • 第二章 自動車損害賠償保障法による損害賠償金および保険金請求手続 / p247
  • 一、身体傷害の場合 / p247
  • 二、死亡の場合 / p308
  • 三、仮渡金の請求について / p323
  • 四、自家保障者に対する請求 / p328
  • 五、政府の保障事業への請求(ひき逃げ無保険車事故等) / p354
  • 六、強制保険の適用除外者への請求 / p363
  • 第三章 民間任意保険(普通自動車保険)と強制保険 / p365
  • 一、強制保険と民間任意保険との関係 / p365
  • 二、任意保険の請求手続 / p365
  • 第四章 示談 / p372
  • 一、示談の意義と成立の実情 / p372
  • 二、示談金額 / p372
  • 三、示談書の作成 / p373
  • 四、示談の効果 / p374
  • 五、示談に関するその他の問題 / p379
  • 第五章 損害賠償義務者 / p401
  • 一、自己のために自動車を運行する者 / p401
  • 二、他人のために自動車の運転または運転の補助に従事する者 / p403
  • 三、物件事故における賠償義務者 / p403
  • 第六章 損害賠償請求権者 / p404
  • 一、物が滅失毀損した場合 / p404
  • 二、被害者が負傷した場合 / p404
  • 三、被害者が死亡した場合 / p406
  • 第七章 損害賠償の範囲(損害額の算定) / p415
  • 一、被害者が負傷した場合の損害 / p415
  • 二、被害者が死亡した場合の損害 / p448
  • 三、損害賠償額の控除減額 / p482
  • 第八章 損害賠償請求権の発生時期 / p497
  • 第九章 損害賠償義務の履行期 / p498
  • 第十章 損害賠償額算定の時期および場所 / p500
  • 一、算定の時期 / p500
  • 二、算定の場所 / p501
  • 三、算定と「ホフマン式」の採用 / p501
  • 四、物価謄貴と賠償額 / p504
  • 五、物価下落と賠償額 / p507
  • 六、インフレーションによる貨幣価値の変動と賠償額 / p507
  • 七、確定判決に基づく強制執行が権利濫用にあたるとされた事例 / p509
  • 第十一章 損害賠償債務と相殺の不許 / p526
  • 一、立法理由 / p526
  • 二、適用範囲 / p526
  • 三、反対の特約を許すや / p526
  • 四、被害者よりの援用は自由なり / p526
  • 第十二章 損害賠償請求権の消滅時効 / p527
  • 一、自動車損害賠償保障法による損害賠償請求権の消滅時効 / p527
  • 二、不法行為にもとずく損害賠償請求権の消滅時効 / p527
  • 第十三章 紛争解決の法律手続 / p529
  • 一、調停申立とその手続 / p529
  • 二、民事訴訟手続 / p546
  • 三、仮差押手続 / p675
  • 四、強制執行 / p689
  • 第十四章 自動車事故と裁判例 / p715
  • 一、死亡させた事件 / p715
  • 二、負傷させた事件 / p890
  • 三、物件事故の場合 / p1139
  • 第十八章 船舶の衝突事故の裁判例 / p1163
  • 一、物件事故の場合 / p1163
  • 付録 / p1175

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 実例実務交通事故の損害賠償法
著作者等 今西 勇
大野 文雄
矢野 正則
書名ヨミ ジツレイ ジツム コウツウ ジコ ノ ソンガイ バイショウホウ
出版元 酒井書店
刊行年月 1963
ページ数 1346p
大きさ 22cm
NCID BN07534177
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63004628
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想