放射線生物学入門

グロジェンスキー 著 ; 佐藤満彦 訳

[目次]

  • 目次
  • はじめに
  • 序章 / p7
  • 第1章 電離放射線とは何か / p11
  • 1. 電離放射線の種類 / p11
  • 2. 電離作用〔イオン化作用〕 / p17
  • 3. 空間内におけるイオンの分布 / p22
  • 4. 線量の概念(線量測定の単位) / p28
  • 5. 生物学的効果比率(RBE) / p31
  • 第2章 放射線の化学的作用 / p35
  • 1. 水の放射線化学 / p35
  • 2. 生体外での生物質の照射 / p42
  • 3. 電離放射線の直接作用と間接作用 / p59
  • 4. 標的説 / p65
  • 5. 照射中の酸素の役割 / p72
  • 第3章 細胞に対する放射線の作用 / p77
  • 1. 細胞の構造 / p77
  • 2. 細胞分裂 / p80
  • 3. 細胞分裂に対する放射線の作用 / p87
  • 4. 核と細胞質の役割 / p95
  • 第4章 生体に対する放射線の作用 / p103
  • 1. 動植物の放射線感受性 / p103
  • 2. 照射条件と放射性感受性 / p109
  • 3. バックグラウンド / p113
  • 4. 低線量照射 / p116
  • 5. 中線量および高線量の電離放射線が哺乳類とヒトにおよぼす影響 / p120
  • 6. 動物体に対する放射線の作用の生理学的機構 / p134
  • 7. 電離放射線の作用による物質代謝障害 / p138
  • 8. 電離放射線と免疫 / p161
  • 9. 放射線刺激と放射線適応 / p164
  • 10. ガン,白血病,電離放射線 / p169
  • 11. 生殖腺に対する作用 / p181
  • 12. 胚と胎児に対する放射線の作用 / p183
  • 13. 電離放射線と似た作用をもつ化学物質 / p187
  • 第5章 放射線の化学的防護と放射線障害の回復 / p191
  • 1. 放射線障害の予防 / p191
  • 2. 回復の過程と治療の問題 / p205
  • 第6章 生体の遺伝的性質に対する電離放射線の作用 / p219
  • 1. 突然変異とは何か,その発生のしくみ / p219
  • 2. 遺伝的害悪 / p230
  • 3. 放射線の遺伝的作用を人類の幸福に利用する / p234
  • 第7章 放射線生物学と宇宙 / p239
  • 索引 / p249
  • 訳者あとがき

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 放射線生物学入門
著作者等 Grodzenskii, David Emmanuilovich
佐藤 満彦
グロジェンスキー
書名ヨミ ホウシャセン セイブツガク ニュウモン
書名別名 Hoshasen seibutsugaku nyumon
シリーズ名 科学普及新書
出版元 東京図書
刊行年月 1966
ページ数 257p
大きさ 19cm
NCID BN07530449
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68008781
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想