吉野朝史

中村直勝 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 前篇 吉野朝史總說 / 1-62
  • 緖言 / 3
  • 第一章 米糓經濟から貨幣經濟へ / 5
  • 第一節 吉野朝と其の財政々策 / 6
  • 第二節 京都側と其の財政々策 / 15
  • 第三節 武家の財政 / 17
  • 第二章 佛神から人間へ / 23
  • 第一節 反本地垂跡思想 / 24
  • 第二節 神道觀 / 28
  • 第三節 皇道と人道 / 35
  • 第四節 人の敎育 / 40
  • 第三章 武士と其家筋 / 51
  • 第一節 足利氏の過去 / 51
  • 第二節 楠木氏と其先祖 / 56
  • 結語 / 61
  • 後篇 吉野朝史各說 / 63-507
  • 緖言 / 65
  • 第一章 皇室篇 / 66
  • 第一節 天皇の御親政 / 66
  • 第二節 後醍醐天皇の御理想 / 69
  • 第三節 新に發見されたる二宸翰 / 73
  • 第四節 量仁親王の御降誕 / 88
  • 第二章 人物篇 / 99
  • 第一節 楠木正成 / 99
  • イ 楠木正成の祖先と後裔 / 99
  • ロ 忠臣、楠木正成公 / 111
  • ハ 誠忠楠木正成の眞意 / 122
  • 第二節 北畠親房 / 143
  • イ 北畠親房と神皇正統記 / 143
  • ロ 醍醐聖帝と北畠親房 / 164
  • ハ 神皇正統記 / 170
  • 第三節 北畠顯家と大阪-阿倍野 / 190
  • 第四節 足利家時の置交 / 235
  • 第三章 社會篇 / 242
  • 第一節 武家文化の確立と崩壞 / 242
  • 第二節 建武中興時代の社會 / 259
  • 第三節 大燈國師の時代 / 268
  • 第四節 吉野朝時代の京都 / 277
  • イ 京都と其の災害 / 278
  • ロ 主として「祇園執行日記」により / 288
  • 第四章 經濟篇 / 307
  • 第一節 室町院領 / 307
  • 第二節 古野朝時代の問丸に就いて / 353
  • 第三節 有德錢と拜金思想 / 361
  • 第四節 「座」の有する僞文書の意義 / 384
  • 第五章 文學篇 / 405
  • 第一節 徒然草の硏究 / 405
  • 第二節 增鏡の硏究 / 449
  • 第六章 追加篇 / 493
  • 第一節 十二月九日附楠公書狀に就いて / 493

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 吉野朝史
著作者等 中村 直勝
書名ヨミ ヨシノチョウシ
書名別名 Yoshinochoshi
出版元 星野書店
刊行年月 昭和10
ページ数 511p
大きさ 23cm
NCID BN07524118
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
47017657
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想