インド農村の社会政治変容と開発

押川文子 編

1960年代後半北西諸州から開始されたインドの「緑の革命」は、インドの経済発展に大きな地域間格差をもたらしながら、次第に周縁部にも普及してきた。本書はインド農村のこの間の大きな変革を念頭におきながら、政治、社会、さらに開発政策といった分野におけるこの間のインド農村の変化を考察しようとした試みである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「家族」の変化と人口-その1960年代以降の地域的傾向を手がかりに
  • 第2章 近年におけるインド連邦下院議員選挙と社会経済変動
  • 第3章 インドの潅漑問題-1970‐80年代
  • 第4章 北インド農村貧困対策の現状-「総合的地域開発計画」の実態調査から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 インド農村の社会政治変容と開発
著作者等 多田 博一
押川 文子
福永 正明
近藤 則夫
書名ヨミ インド ノウソン ノ シャカイ セイジ ヘンヨウ ト カイハツ
シリーズ名 研究双書 no.418
出版元 アジア経済研究所
刊行年月 1992.3
ページ数 225p
大きさ 21cm
ISBN 4258044180
NCID BN07520412
BN07680430
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92044924
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想