物語という回路

赤坂憲雄 編著

[目次]

  • 1 物語としての<歴史>-2つの天皇制をめぐって
  • 2 喩と王権-光源氏の越境をめぐって
  • 3 伝記と物語のはざまに-平安末期歌人伝の自註と再解釈
  • 4 再生する<物語>-『道成寺縁起絵巻』論
  • 5 アレゴリーの修辞学-折口信夫「叙景詩の発生」論
  • 6 メタヒストリーとしての小説-大江健三郎『懐かしい年への手紙』
  • 7 オモロの<主題>と<理想>-文学としてのオモロ
  • 8 龍潭譚考-神隠しをめぐる精神史的考察

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物語という回路
著作者等 赤坂 憲雄
書名ヨミ モノガタリ ト ユウ カイロ
シリーズ名 叢書・史層を掘る 第2巻
出版元 新曜社
刊行年月 1992.4
ページ数 365p
大きさ 20cm
ISBN 4788504170
NCID BN07518126
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92039669
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想