アフリカの陶工たち : 伝統工芸を追って二十年

森淳 著

1968年に東アフリカのウガンダ工科大学へ陶器の指導で赴任した著者は、同僚から「アフリカは中毒するよ」と言われた。その言葉通り、当時まだ日常広く使われていた土器に魅せられ、その後、中央部から西海岸へと調査を拡げ、土器の成形技法に多くのヴァラエティのあることを明らかにした。本書は、今や消えつつある伝統工芸の貴重な記録であると同時に、そこで生活する人々の姿を伝え、種々の儀礼を紹介する紀行文でもある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ウガンダにて
  • 第2章 カメルーンにて
  • 第3章 トーゴにて
  • 第4章 マリにて
  • 第5章 ガーナにて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アフリカの陶工たち : 伝統工芸を追って二十年
著作者等 森 淳
書名ヨミ アフリカ ノ トウコウタチ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1992.4
ページ数 234p
大きさ 18cm
ISBN 4121010701
NCID BN07516109
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92050932
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想