鯨の自然誌 : 海に戻った哺乳類

神谷敏郎 著

原始哺乳類が陸上で多方向に適応進化していくなか、鯨類は敢然と海中への回帰を試み、体重大人2千人分のシロナガスクジラから10歳の子供ほどのコビトイルカまで、見事な適応を遂げた。再進化の過程でクジラ・イルカ類はどのような運動機能・生理的形質を獲得したのか。第二の霊長類といわれるイルカの知能はどれほどなのか。比較解剖学の視点から鯨類へのさまざまな疑問にこたえ、新しいクジラ観の確立とヒトとの共生を目指す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ヒト、鯨に会う
  • 第2章 鯨の顔つき、体つき
  • 第3章 イルカは第二の霊長類か
  • 第4章 鯨との共生を目指して

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鯨の自然誌 : 海に戻った哺乳類
著作者等 神谷 敏郎
書名ヨミ クジラ ノ シゼンシ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1992.4
ページ数 210p
大きさ 18cm
ISBN 4121010728
NCID BN07515966
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92050648
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想