人類の創世記

寺田和夫 著

本書は霊長類から説きおこし、ホモ・サピエンスの出現する過程を跡づける第1部と農耕の起源と文明の発生を論じる第2部から成る。第1部では、石器など道具類の進歩の例証を中心に人類の進歩を論究する。インカ文明の研究で夙に斯界に知られる著者の多年にわたる実地踏査の体験を踏まえた、メソポタミア文明とアンデス文明の村落の確立・発展、階級の発生等の諸相を比較しながら人類文化の序幕を描いた第2部は特に瞠目に値する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 人類の誕生と文化の進歩(人類の仲間たち-霊長類
  • 最古のヒト-猿人類
  • ピテカントロプスとその仲間-原人類
  • ネアンデルタール人とその仲間-旧人類
  • 古いホモ・サピエンスたち-新人類の出現
  • 中石器時代-後氷期の環境と人類)
  • 第2部 農耕の開始と古代文明の夜明け(農耕牧畜の開始
  • 文明への道)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人類の創世記
著作者等 寺田 和夫
書名ヨミ ジンルイ ノ ソウセイキ
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1986.4
ページ数 377p
大きさ 15cm
ISBN 4061587293
NCID BN07514351
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
86033206
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想