日本の歴史 : 集英社版  12

児玉幸多 ほか編

関ケ原の戦いに勝利した徳川家康は、1603年江戸に幕府を開くが、2年後将軍職を秀忠に譲る。自らは大御所となり、諸大名を掌握し朝廷に権力の触手を伸ばす。一方で、諸外国との外交にその辣腕を振う。1615年大坂城に豊臣一族を滅すに至り、徳川氏の覇権が確立した。-朱印船貿易の展開、さまざまな法度の制定、キリシタン弾圧、島原の乱、鎖国政策などを通して、徳川三代による天下支配の組織とその構造の特質を実証する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに 政治の時代
  • 第1章 豊臣から徳川へ
  • 第2章 大御所と将軍
  • 第3章 将軍と天皇
  • 第4章 鎖国への道
  • 第5章 家光政治の開始
  • 第6章 江戸前期に生きた大名たち
  • 第7章 鎖国の完成
  • 第8章 寛永の大飢饉
  • 終章 東アジアのなかの日本

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本の歴史 : 集英社版
著作者等 児玉 幸多
藤井 譲治
書名ヨミ ニホン ノ レキシ
書名別名 江戸開幕

Nihon no rekishi
巻冊次 12
出版元 集英社
刊行年月 1992.5
ページ数 342p
大きさ 22cm
ISBN 4081950121
NCID BN0751093X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92041577
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
江戸開幕 藤井 譲治
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想