日本美術全集  第22巻

大河直躬 ほか編

ヨーロッパ帰りの気鋭の画家によって新風がもたらされた洋画と、東西の巨匠や若手らが美を競った日本画。これに近代彫刻の傑作を加え、明治後期から大正の日本美術を再現する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ヴィジョンの変革と深化-明治後期から大正の洋画
  • 天才を出現させた時代-明治後期から大正の日本画
  • 上村松園と女流画家の系譜
  • ジャポニスムの里帰り
  • 人物赤裸画から裸体画へ
  • 西洋人の眼が見た洋画と日本画
  • モニュメントの創出-彫刻の近代化と銅像

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本美術全集
著作者等 田中 日佐夫
荒屋鋪 透
陰里 鉄郎
高階 秀爾
書名ヨミ ニホン ビジュツ ゼンシュウ
書名別名 洋画と日本画 : 近代の美術2

Nihon bijutsu zenshu
巻冊次 第22巻
出版元 講談社
刊行年月 1992.4
ページ数 249p
大きさ 37cm
ISBN 4061964224
NCID BN07503796
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92049472
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
洋画と日本画 : 近代の美術2 高階秀爾 ほか
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想