フランス語の形成

ジャック・アリエール 著 ; 大高順雄 訳

フランス語は、フランス語の諸方言や他のロマン諸語とどのような関連を持っているのだろうか?本書は、著名な言語地理学者であり、印欧語学者であるアリエールが、フランス語の要素を、音声・語形・統語の各分野において詳細に論じ、この言語の成立の過程をたどった興味深い概説書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 ロマン諸語におけるフランス語の位置-上層語と下層語
  • 第1部 起源から12世紀に至るフランス語の原史(音声論と音韻論
  • 語形論
  • 統語論)
  • 第2部 オイル語の諸方言(北部方言
  • その他の方言)
  • 文献一覧
  • 用語一覧

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランス語の形成
著作者等 Allières, Jacques
大高 順雄
Allieres Jacques
アリエール ジャック
書名ヨミ フランスゴ ノ ケイセイ
書名別名 La formation de la langue française
シリーズ名 コレクション・クセジュ
出版元 白水社
刊行年月 1992.4
ページ数 227p
大きさ 20cm
ISBN 4560003211
NCID BN07500062
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
95073120
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想