相場を科学する : なぜ上がり、なぜ下がるのか

倉都康行 著

相場に強いといわれる人でも、アプローチの方法はさまざまである。「信ずべきは、わが相場観のみ」という人と、いろいろな相場分析法を用いて計算する人。この互いに相反する意見の持ち主が、どちらも相場の達人であったりする。「だからこそ相場なのだ」という禅問答のような言葉が好きな人もいる。では、実際に相場に携わっている実務担当者は、なにをもって「相場を分析する道具」としているのだろうか。「夏休みには相場が揺れる」といった、プロが感じる漠然とした感覚を、数量化という手段で具体化するとどうなるのだろうか?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 相場とは何か
  • 2 相場は科学できるか
  • 3 チャートは将来を語るか?
  • 4 確率で相場を考える
  • 5 重回帰を用いて取引する
  • 6 多変量解析で相場に挑む
  • 7 「遊び心」で相場を考える
  • 8 相場と科学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 相場を科学する : なぜ上がり、なぜ下がるのか
著作者等 倉都 康行
書名ヨミ ソウバ オ カガクスル
書名別名 Soba o kagakusuru
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1992.4
ページ数 233p
大きさ 18cm
ISBN 4061329162
NCID BN07494899
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92040355
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想