萩原朔太郎研究

伊藤信吉 編

[目次]

  • I 展望
  • 伊藤信吉
  • 詩的情操について / 13
  • 詩的生涯について / 22
  • 詩的道程について / 35
  • II 詩人論
  • 寺田透 朔太郎管見 / 51
  • 吉本隆明 朔太郎の世界 / 63
  • 村松剛 晩年の萩原朔太郎 / 73
  • 清岡卓行 萩原朔太郎の詩における口語と文語 / 95
  • 那珂太郎 朔太郎と暮鳥との関係 / 103
  • 大岡信 朔太郎問題 / 116
  • 三好豊一郎 萩原朔太郎の思想 / 129
  • 鮎川信夫 朔太郎考 / 139
  • 窪田般弥 郷愁の詩人・朔太郎 / 145
  • 篠田一士 日本への回帰 / 158
  • 中桐雅夫 萩原朔太郎論 / 172
  • 伊藤信吉 エッセイストとしての業績 / 204
  • 川上徹太郎 萩原朔太郎研究1 / 237
  • 亀井勝一郎 萩原朔太郎研究2 / 241
  • 山本健吉 萩原朔太郎研究3 / 245
  • 藤原定 萩原朔太郎研究4 / 249
  • 伊藤整 萩原朔太郎研究5 / 253
  • 寺田透・那珂太郎・篠田一士 <座談会>『月に吠える』と『氷島』の評価をめぐって / 256
  • III 人と周辺
  • 室生犀星 萩原朔太郎論のその断片・萩原朔太郎 / 279
  • 谷崎潤一郎 萩原君の印象 / 290
  • 芥川龍之介 萩原朔太郎君 / 292
  • 辻潤 萩原朔太郎の手紙 / 295
  • 西脇順三郎 MAISTER萩原と僕 / 302
  • 川路柳虹 萩原朔太郎の詩の世界 / 304
  • 中野重治 「郷土望景詩」に現れた憤怒 / 317
  • 萩原恭次郎 萩原朔太郎論 / 327
  • 保田与重郎 詩人の思想 / 336
  • 堀辰雄 「靑猫」のことなど / 341
  • 三好達治 萩原さんといふ人・詩碑 / 346
  • 丸山薰 晩年の萩原さん / 357
  • 草野心平 前橋での朔太郎さん / 361
  • 金子光晴 萩原朔太郎について / 364
  • 村野四郎 『月に吠える』について / 368
  • 谷川俊太郎 なつかしい一人の人格 / 371
  • 結城昌治 朔太郎と私 / 373
  • 萩原葉子 父のくせ / 376
  • 住谷悅治 ベルリンの夜の集まり / 381
  • 田中常彦 萩原朔太郎を偲ぶ / 393
  • 星野みね 兄とマンドリン / 396
  • IV 「四季」萩原朔太郎追悼号
  • 供物 室生犀星 / 401
  • 未定詩稿(遺稿) 萩原朔太郎 / 402
  • 妹への手紙(津久井幸子宛) / 403
  • 兄の事 萩原弥六 / 405
  • 追悼 蒲原有明 / 406
  • 希代の純粋詩人 高村光太郎 / 407
  • 萩原朔太郎君の死 河井酔茗 / 407
  • 萩原さんについて 斎藤茂吉 / 409
  • 孤独な詩人 前田夕暮 / 409
  • 追悼記 堀口大学 / 411
  • 萩原朔太郎を悼む 川路柳虹 / 414
  • 大いなる先輩 加藤介春 / 415
  • 詩人萩原の死 佐藤惣之助 / 417
  • 顔 恩地孝四郎 / 418
  • 萩原朔太郎氏を悼む 竹村俊郎 / 419
  • 萩原さんの思ひ出二三 多田不二 / 419
  • 萩原朔太郎追悼 百田宗治 / 423
  • 萩原さんの思ひ出 平木二六 / 424
  • 妄想 中野重治 / 425
  • 月に偲ぶ・思出の詩(詩) 上田静栄 / 427
  • 師よ 萩原朔太郎(詩) 三好達治 / 428
  • 時代と共に(詩) 丸山薰 / 429
  • 詩人に現れた世界史の時期 保田与重郎 / 429
  • 心の在り方について 山岸外史 / 431
  • 萩原氏のエッセイについて 阪本越郎 / 432
  • 萩原先生を哭す 伊東静雄 / 433
  • 哀悼 竹中郁 / 434
  • 八木節の思出 田中冬二 / 435
  • 萩原さんの「父」 津村信夫 / 437
  • 『卓上噴水』の頃 室生犀星 / 438
  • 年譜 堀辰雄 / 441
  • 編集後記 / 453
  • V 研究案内(伊藤信吉編)
  • 研究者への道標 / 457
  • 文献目録 / 463
  • 生前刊行詩集未収録作品一覧 / 495
  • 年譜 / 508
  • 編集覚え書 / 518

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 萩原朔太郎研究
著作者等 伊藤 信吉
書名ヨミ ハギワラ サクタロウ ケンキュウ
書名別名 Hagiwara sakutaro kenkyu
出版元 思潮社
刊行年月 1966
版表示 増補新版
ページ数 520p
大きさ 22cm
NCID BN01043988
BN07487860
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66005275
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想