社会学感覚

野村一夫 著

<常識>ではなかなか読み解けない現代日本社会を自己反省的に認識し構想するためのガイドマップ。明識をめざす<脱領域の知性としての社会学>へのインデキシカルな高集積ハンドブック誕生。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 社会学論-自己反省のための科学
  • 人間論-他者との関係の産物としての個人
  • コミュニケーション論-送り手ではなく受け手の第一次性
  • 集団論-人と人とのつながりの多層性
  • 文化論-記号消費時代の合理性と非合理性
  • 権力論-権力は身近な生活の場に宿っている
  • 社会問題論-だれにとって「問題」なのか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会学感覚
著作者等 野村 一夫
書名ヨミ シャカイガク カンカク
書名別名 Shakaigaku kankaku
出版元 文化書房博文社
刊行年月 1992.3
ページ数 559p
大きさ 19cm
ISBN 4830106042
NCID BN07485650
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92039101
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想