弁護士 : 私の人生を変えた首なし事件

正木ひろし 著

[目次]

  • まえがき / p12
  • はじめに-晩年の門に立って / p15
  • 1 運命の事件まいこむ / p25
  • <1>警察の留置場で怪死 / p26
  • <2>取り調べ警察の暴行 / p30
  • <3>さっとこわばる検事の顔 / p35
  • <4>こそこそごまかしの解剖 / p40
  • <5>他殺はもう疑いない / p48
  • <6>非常手段を決意 / p55
  • 2 こっそり首を切り取る / p63
  • <1>長い年月のような十二時間 / p64
  • <2>「なぐり殺したものだよ」 / p71
  • <3>正義を封じる検事の陰謀 / p78
  • <4>首なし死体の鑑定 / p83
  • <5>異例の拷問警官起訴 / p89
  • 3 奇妙な第一審の公判廷 / p95
  • <1>横暴をきわめる戦時下の警察 / p96
  • <2>当時最有力の弁護陣 / p100
  • <3>なぜ被害者は逮捕されたか / p105
  • 4 殺人者を守ることに全力 / p111
  • <1>死へのメモはこうしてできた / p112
  • <2>取り調べは三十分か二時間か / p116
  • <3>予審をくつがえす裁判長 / p123
  • <4>ぬけぬけとうそをいう被告 / p127
  • <5>全法廷一体となって黒を白へ / p134
  • 5 施すすべもない無法裁判 / p141
  • <1>公判調書まで書きかえる / p142
  • <2>またまた病死説を持ち出す / p153
  • <3>でたらめな鑑定にいっせい同調 / p158
  • 6 法廷をあざむいて「無罪」 / p167
  • <1>歴史的な裁判批判 / p168
  • <2>有罪を無罪にできるか / p173
  • <3>ついに無罪の判決 / p178
  • <4>ここに国民文化の本質 / p183
  • 7 こんなことがあってよいか / p189
  • <1>焦土に昭和二十年を迎えて / p190
  • <2>真実が持つ力 / p201
  • <3>二十一年夏の収穫 / p205
  • <4>ふたたび聞く「無罪」 / p210
  • 8 四年めに聞く「有罪」 / p215
  • <1>天の助けか控訴院へ / p216
  • <2>有罪の判決と人権意識 / p222
  • <3>大法学者の怪弁論 / p228
  • 9 きびすを接して大事件 / p237
  • <1>「首なし」四年余の空白 / p238
  • <2>正義はかならず現われる / p242
  • <3>勝利の終止符 / p263

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 弁護士 : 私の人生を変えた首なし事件
著作者等 正木 ひろし
書名ヨミ ベンゴシ : ワタクシ ノ ジンセイ オ カエタ クビナシ ジケン
書名別名 Bengoshi
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1964
ページ数 267p
大きさ 18cm
NCID BN07483735
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64005584
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想