脱・電脳生活 : 情報化社会に忍びよる「電気の暗い力」

マイケル・シャリス 著 ; 田中靖夫 訳

「電気アレルギー」人間が増えている。電気器具に触れただけで失神してしまう人、手も触れずに電球を切ってしまう人…。つい半世紀前までは全く存在しなかったこの奇妙な"病気"が、電気の網の目に囲まれて生きている現代人を、ひそかにむしばみつつある。この電気アレルギーの研究に始まり、人間と自然界との電気を介した深い関わり、サイ現象の世界を支配する"電気の精妙な力"…などを次次と解明。コンピュータ社会に生きる現代人に送る、警告と希望の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 ヒト、電気に遭う(電気体験
  • 電気と健康
  • 電気アレルギー)
  • 第2部 電気の謎(電気とは何か?
  • 電気と人間の身体
  • 電気、社会に蔓延す)
  • 第3部 電気の超常現象(自然界に存在する電気
  • 電気とサイキックな世界
  • とり憑かれたコンピュータ)
  • 第4部 解釈(機械論的なアプローチ
  • 隠微なる力)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 脱・電脳生活 : 情報化社会に忍びよる「電気の暗い力」
著作者等 Shallis, Michael
Shallis, Michael, 1942
田中 靖夫
シャリス マイケル
書名ヨミ ダツ デンノウ セイカツ
書名別名 The electric shock book
出版元 工作舎
刊行年月 1992.3
ページ数 397p
大きさ 20cm
ISBN 4875021941
NCID BN07481183
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92032020
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想