ドイツの大学 : 文化史的考察

潮木守一 著

19世紀から第1次世界大戦にかけてドイツの大学は過激派学生が登場し、大学紛争が頻発した。放縦な生活を送る学生と専門研究に没頭する教授たちで大学は混乱をきわめていた。だが、こうした中で豪華絢爛たる学生文化と科学革命が花開いた。ドイツの大学は世界の大学のモデルとなり、憧れの的となったが、やがて軍国主義の波にのみこまれていった。ドイツの大学のおいたちを文化史的にさぐる好著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 戦場からもどってきた若者たち
  • 2 過激派学生の登場
  • 3 武装する学生たち-ウィーンの学生軍団
  • 4 紛争渦巻くベルリン大学
  • 5 花開く学生文化
  • 6 勉強文化と遊び文化
  • 7 科学革命の拠点
  • 8 学問大国を支配した男-"影の文相"アルトホーフ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ドイツの大学 : 文化史的考察
著作者等 潮木 守一
書名ヨミ ドイツ ノ ダイガク
書名別名 Doitsu no daigaku
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1992.4
ページ数 323p
大きさ 15cm
ISBN 4061590227
NCID BN07469199
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92039175
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想