高村光太郎研究

草野心平 編

[目次]

  • 目次
  • I
  • 高村光太郞の世界・龜井勝一郞 / 5
  • 高村光太郞の精神圈・高橋健二 / 16
  • 高村光太郞における近代・小田切秀雄 / 27
  • 高村光太郞のモラル・佐古純一郞 / 35
  • 自然主義との關係・なかのしげはる / 45
  • 高村光太郞の生涯・山本健吉 / 49
  • II
  • 彫刻と高村光太郞・高田博厚 / 59
  • はじめの人・土方定一 / 70
  • 「裸婦坐像」「手」など・菊池一雄 / 78
  • 高村光太郞の肖像彫刻・本鄕新 / 83
  • 高村光太郞の木彫・今泉篤男 / 87
  • 少年期の彫刻・高村豐周 / 91
  • 碌山と光太郞・石井鶴三 / 96
  • III
  • 高村光太郞-その近代詩史における意味-・那珂太郞 / 103
  • 詩と彫刻・宇佐見英治 / 111
  • 自由韻律の道程-光太郞詩の韻圖形-・長光太 / 119
  • 『道程』について・伊藤信吉 / 129
  • 「『道程』以後」について-「雨にうたるるカテドラル」を中心に-・村野四郞 / 144
  • 「猛獸篇」の形成・鳥見迅彥 / 152
  • 現代詩の父-「猛獸篇」以後-・黑田三郞 / 161
  • 『智惠子抄』私見・本鄕隆 / 167
  • 癌細胞・田村隆一 / 180
  • 戰後期・吉本隆明 / 189
  • IV
  • 高村光太郞の藝術論・寺田透 / 207
  • 一つの歷史-琅玕洞のこと-・瀨木愼一 / 216
  • 高村光太郞の繪畫について・難波田龍起 / 221
  • 書についてのノオト・松下英麿 / 227
  • 高村光太郞の短歌・吉野秀雄 / 233
  • 高村さんの飜譯・宗左近 / 245
  • 全集補遺
  • カフエ・ライオンにて / 261
  • (何もかも)
  • (アメリカ歸りの)
  • 短歌
  • 繪にかける / 263
  • 月黑く / 263
  • 散文
  • 美は眞に等し / 264
  • 所謂好趣味の人たる勿れ / 266
  • 高田博厚渡佛後援彫刻頒布會趣意 / 268
  • 「蛙」に寄す / 269
  • 往復書翰 / 270
  • あの頃-白秋の印象と思ひ出- / 274
  • 詩の本質 / 276
  • 難波田龍起個展「感想帖」より / 278
  • アンケート
  • 斷想-旣成文壇の崩壞期に處す- / 279
  • 名士と食物 / 280
  • 短句 (一六~一九) / 282
  • 書簡 (二二九五~二三一六) / 283
  • 高村光太郞年譜・北川太一編 / 291
  • 覺え書・草野心平 / 387

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 高村光太郎研究
著作者等 草野 心平
書名ヨミ タカムラ コウタロウ ケンキュウ
書名別名 Takamura kotaro kenkyu
出版元 筑摩書房
刊行年月 1959
ページ数 388p
大きさ 20cm
NCID BN07447287
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
59002912
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想