陶酔論

ヴァルター・ベンヤミン 著 ; 飯吉光夫 訳

1927年から1934年のヨーロッパ。翳りゆく時代を、ベンヤミンは"陶酔"というフィルターを通して見つめようとした。この本は、薬物陶酔についてベンヤミン自身が書いたエッセイや、ブロッホをはじめとした友人たちと行った、医師監督下での薬物実験の記録などから構成されている。ベンヤミンの知られざる薬物陶酔への傾倒が明らかになるとともに、アウラ論の礎ともなった精神の彷徨を辿ることのできる、貴重な一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 世俗的悟達への入門書
  • エッセー(ミスロヴィツ-ブラウンシュヴァイク-マルセーユ-あるハシッシ陶酔者の話
  • マルセーユのハシッシ)
  • 麻薬陶酔のノート
  • 記録(最初のハシッシ吸飲後の主症状
  • 2度目のハシッシ吸飲後の主症状 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 陶酔論
著作者等 Benjamin, Walter
飯吉 光夫
ベンヤミン ヴァルター
書名ヨミ トウスイロン
書名別名 Über Haschisch
出版元 晶文社
刊行年月 1992.3
ページ数 204p
大きさ 20cm
ISBN 4794923074
NCID BN07443763
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92037056
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想