幕藩権力と明治維新

明治維新史学会 編

明治維新-それは近代日本の幕あけとなった一大変革である。本書は、幕末から維新政権成立への激動と変転していく権力の構造を多方面から解明する。明治維新史学会が総力を結集した新しい「明治維新史研究」の第1弾。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 幕藩権力の変質と解体(嘉永・安政期の幕藩関係と越前藩
  • 文久三年八月十八日政変に関する一考察
  • 一・会・桑権力の成立と崩壊
  • 幕末維新期における長崎と箱館)
  • 2 維新政権の権力構造(明治初年の宮廷勢力と維新政権
  • 明治初期太政官制と「臨機処分」権-農民一揆・士族反乱の鎮圧と委任状
  • 太政官内閣創設に関する一考察)
  • 3 明治維新の時期区分(時期区分の視座と方法-明治維新の時期に限定して)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幕藩権力と明治維新
著作者等 明治維新史学会
田中 彰
書名ヨミ バクハン ケンリョク ト メイジ イシン
シリーズ名 明治維新史研究 1
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1992.4
ページ数 264p
大きさ 22cm
ISBN 4642036369
NCID BN0743880X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92038888
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想