インドの哲学

ジャン・プリエ・フレッシネ 著 ; 渡辺重朗 訳

[目次]

  • 目次
  • 訳者まえがき / p3
  • はじめに / p7
  • 第一章 出発点、種族の呪術(紀元前五千年期-紀元前四世紀) / p9
  • 第二章 族制の危機とシュラマナの活動(紀元前七世紀-紀元前四世紀) / p23
  • 第三章 抽象的普遍主義の形成(紀元前四世紀-紀元後十一世紀) / p45
  • 第四章 後期封建時代の哲学(十-十八世紀) / p75
  • 第五章 近代思想と国家の独立(十九-二十世紀) / p95
  • むすびのことば / p113
  • 訳注 / p119
  • 参考文献

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 インドの哲学
著作者等 Boulier-Fraissinet, Jean
渡辺 重朗
ジャン・プリエ・フレッシネ
書名ヨミ インド ノ テツガク
シリーズ名 文庫クセジュ
出版元 白水社
刊行年月 1964
ページ数 121p
大きさ 18cm
ISBN 4560053553
NCID BN02810801
BN07424736
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64000596
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想