無知の代償 : ソ連の対日政策

ボリス・スラビンスキー 著 ; 菅野敏子 訳

北方領土でのグロムイコの失敗。サンフランシスコ講和条約調印拒否。大戦末期から終戦後40年に亘る連合国内部の対立、抗争の歴史が初めて明かされる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 解説-"スターリン外交が犯した明らかな誤り"
  • 第1章 敗戦後の日本の改革
  • 第2章 日本は敵か味方か
  • 第3章 占領政策の大転換
  • 第4章 朝鮮戦争と対日講和
  • 第5章 サンフランシスコ講和会議
  • 第6章 「われわれはついに独立した」吉田首相の喜び

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 無知の代償 : ソ連の対日政策
著作者等 Slavinskii, Boris Nikolaevich
Slavinskiĭ, B. N.
菅野 敏子
スラビンスキー ボリス
書名ヨミ ムチ ノ ダイショウ
書名別名 Muchi no daisho
出版元 人間の科学社
刊行年月 1991.12
ページ数 364p
大きさ 20cm
NCID BN0741519X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92033536
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想