日本近代思想大系  7

加藤周一 ほか編

欧米の近代刑法導入の前段に行われていた仮刑律・新律綱領・改定律例を所収、古代刑法たる律を継受し、明律、清律の影響を受けながら近代刑法へと改変されていく経過を追い、あわせて当時の刑罰観念をみる。「刑法」公布への過程における、法思想の近代化への移行を検証する試み。刑法・治罪法(明治13年公布)を付載。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本近代思想大系
著作者等 加藤 周一
水林 彪
石井 紫郎
書名ヨミ ニホン キンダイ シソウ タイケイ
書名別名 法と秩序

Nihon kindai shiso taikei
巻冊次 7
出版元 岩波書店
刊行年月 1992.3
ページ数 581p
大きさ 22cm
ISBN 4002300072
NCID BN07398181
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92033364
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
法と秩序 石井 紫郎, 水林 彪
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想