バフチン以後 : <ポリフォニー>としての小説

デイヴィッド・ロッジ 著 ; 伊藤誓 訳

ミハイル・バフチンの発想と方法(ジャンル論、話法論)をG エリオット、ジョイス、ロレンスからクンデラにいたる小説の分析に応用して<ポリフォニー>としての小説の可能性を縦横に探る。作品の緻密な<読み>によって小説と批評の現状を展望する待望の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 今日の小説-理論と実践
  • 第2章 現代小説におけるミメーシスとディエゲーシス
  • 第3章 『ミドルマーチ』と古典的リアリズム小説の概念
  • 第4章 ロレンス、ドストエフスキー、バフチン
  • 第5章 現代小説のダイアローグ
  • 第6章 バフチン以後
  • 第7章 初期ヴィクトリア朝小説における群衆と権力
  • 第8章 構成、分配、配列-ジェイン・オースティンの小説における形式と構造
  • 第9章 曖昧さの芸術-『ポイントンの蒐集品』
  • 第10章 現代的物語叙述における不確定性-「バサースト夫人」を読み解く
  • 第11章 ミラン・クンデラと現代批評における作者概念
  • 第12章 ダブル・バインドで読み悶える
  • 第13章 ひとつのビジネス-アメリカにおける学術批評家

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バフチン以後 : <ポリフォニー>としての小説
著作者等 Lodge, David
伊藤 誓
伊藤 誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓誓
ロッジ デイヴィッド
書名ヨミ バフチン イゴ
書名別名 After Bakhtin

Bafuchin igo
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 348
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1992.3
ページ数 397, 7p
大きさ 20cm
ISBN 4588003488
NCID BN07389624
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92036797
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想