ニュー・ヨーロッパ誕生 : EC統合の内幕

アクセル・クラウス 著 ; 喜多迅鷹, 喜多元子 訳

いま、巨大な統一ヨーロッパが誕生しようとしている。ソ連邦・東欧の解体、冷戦の終結、指標なき現代に、新たなスーパー・パワーである"ニュー・ヨーロッパ"のもつ意味は、かぎりなく大きい。当代随一のヨーロッパ通、練達のジャーナリストが、ドラマチックな筆致で描ききったヨーロッパの現代と未来。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 西ヨーロッパの首都、ブリュッセル
  • 第2章 挫折した計画-カール大帝からハルシュタインまで
  • 第3章 経済優先-ヨーロッパ株式会社の誕生
  • 第4章 グローバルな経済戦争-アメリカと日本を出し抜け
  • 第5章 大西洋を越えての跳躍-アメリカに逆挑戦
  • 第6章 ニュー・ヨーロッパの内情-ネットワークによる統合
  • 第7章 反EC論者-砦、黒点、数々の口実に対抗して
  • 第8章 政治的連邦制の夢-サッチャー首相の悪夢を晴らす
  • 第9章 新しいヨーロッパの外交-単一の意見で発言し行動する試み
  • 第10章 ヨーロッパの未来-同じ質問への回答

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ニュー・ヨーロッパ誕生 : EC統合の内幕
著作者等 Krause, Axel
喜多 元子
喜多 迅鷹
クラウス アクセル
書名ヨミ ニュー ヨーロッパ タンジョウ
書名別名 Inside the new Europe

Nyu yoroppa tanjo
出版元 日本放送出版協会
刊行年月 1992.3
ページ数 495, 9, 4p
大きさ 20cm
ISBN 414080033X
NCID BN07382261
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93004181
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想