シレジウス瞑想詩集  上

植田重雄, 加藤智見 訳

シレジウスはドイツ・バロック時代を代表する神秘主義的宗教詩人。そのほとんどが2行詩で書かれた『瞑想詩集』はおよそ1700句から成り、深い瞑想をとおして得られた人と神との同一性あるいは霊的合一性、人が神の領域に入る可能性などへの詩人の確信が美しくも簡潔なことばで告白されている。わが国初の全訳。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シレジウス瞑想詩集
著作者等 Angelus Silesius
加藤 智見
植田 重雄
Silesius Angelus
シレジウス A.
書名ヨミ シレジウス メイソウ シシュウ
書名別名 Cherubinischer Wandersmann
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 1992.3
ページ数 249p
大きさ 15cm
ISBN 4003381912
NCID BN07368690
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92032962
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想