カンボジア戦記 : 民族和解への道

富山泰 著

20世紀の"民族の悲劇"カンボジア戦争は、91年秋の包括的和平合意で一応の終止符が打たれた。しかし同じ民族同士が戦った後遺症は深く、とりわけヘン・サムリン政権とポル・ポト派の相互不信と憎しみは根強い。シアヌーク殿下の帰国だけで真の和平と民族和解がもたらされる訳ではない。ポル・ポト派による大虐殺から和平に至る道を辿り、大国の思惑に翻弄されつづけたカンボジア問題を、戦線と和平交渉の現場からレポートする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 民心から離れた戦争
  • 第1章 ポル・ポト派のルーツ
  • 第2章 ポト政権の暴政とサムリン政権の誕生
  • 第3章 反ベトナム三派連合政府の結成
  • 第4章 和平交渉の胎動期-1987年
  • 第5章 シアヌーク=フン・セン会談実現
  • 第6章 ジャカルタ非公式協議
  • 第7章 「戦場から市場へ」
  • 第8章 パリ国際会議
  • 第9章 ベトナム軍撤退
  • 第10章 東京会議の開催
  • 第11章 米中の政策転換と和平実現
  • 第12章 和平後のカンボジア
  • エピローグ カンボジア和平と日本の貢献

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 カンボジア戦記 : 民族和解への道
著作者等 富山 泰
書名ヨミ カンボジア センキ
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1992.3
ページ数 200p
大きさ 18cm
ISBN 4121010647
NCID BN07368668
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92043197
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想