鍋島閑叟 : 蘭癖・佐賀藩主の幕末

杉谷昭 著

危機に瀕していた財政の立て直しを図り、洋学の積極的導入によって佐賀藩を先進雄藩に飛躍させた鍋島直正(閑叟)の世評は、「日和見主義の大陰謀家」という、決して芳しいものではなかった。しかし、幕末混迷の渦中で誰もが閑叟・佐賀藩の力を評価し、その動向に注目した。苛酷な勉学を藩士に強い、徹底した功利主義を貫き、明治の主流にはなれなかったが、近代国家創設に活躍する多くの人材を輩出させた閑叟の軌跡を捉え直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 直正の登場
  • 第2章 幕末佐賀藩の動向
  • 第3章 佐賀藩の教育と学問
  • 第4章 国内研修と国内留学
  • 第5章 韜晦の軌跡
  • 第6章 戊辰戦争と佐賀藩
  • 第7章 藩の終焉

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 鍋島閑叟 : 蘭癖・佐賀藩主の幕末
著作者等 杉谷 昭
書名ヨミ ナベシマ カンソウ
書名別名 Nabeshima kanso
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1992.3
ページ数 229p
大きさ 18cm
ISBN 4121010671
NCID BN07368577
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92043131
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想