農民支配の社会学

菅野正 著

本書は、農業が必然にしてかくなる変貌を遂げたかを社会学的に究明した所謂農村社会学論集であるが、その意図は支配という一点から日本資本主義が自らの高度化のため如何に農民・農村・農業を収奪利用してきたかの支配構造の解明にある。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 戦前期の農民支配をめぐる問題(戦前期日本の農民支配の構造
  • 昭和恐慌期における官僚制的支配と農民)
  • 第2部 戦後期の農村変動と農民支配(戦後日本における農民支配の構造
  • 高度経済成長期の農村変貌の基底的性格
  • 高度経済成長期の地域問題と農村-1960年代を中心として)
  • 第3部 農村社会学の課題をめぐる問題(農村の構造変動と農村社会学の課題-高度経済成長期の農村問題
  • 農村社会学の歴史的展開と今日的課題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 農民支配の社会学
著作者等 菅野 正
書名ヨミ ノウミン シハイ ノ シャカイガク
書名別名 Nomin shihai no shakaigaku
シリーズ名 社会学叢書
出版元 恒星社厚生閣
刊行年月 1992.2
ページ数 242, 7p
大きさ 22cm
ISBN 4769907249
NCID BN07362967
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92029150
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想