音楽のなかの言葉

アルフレート・ブレンデル 著 ; 木村博江 訳

この本は『楽想のひととき』の続編である。今回も音楽を実践する者の1人として音楽と音楽家、演奏に関する問題をとりあげているが、自伝的な要素は極力排除した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • モーツァルト演奏家が自らに与える助言
  • クラシック音楽はつねにシリアスであるべきか
  • 楽譜とその守護者たち
  • ベートーヴェンの新様式
  • シューベルト最後の3つのソナタ
  • 大人の演奏家への試金石-シューマンの「子供の情景」
  • 高潔なるリスト
  • リストの「巡礼の年」第1年・第2年
  • リストのロ短調ソナタ
  • リストの心の悩み
  • ブゾーニの「ファウスト博士」
  • フルトヴェングラー
  • ライヴ・レコーディングについて
  • リサイタルとプログラム
  • ピアノにおけるバッハ
  • シュナーベルの解釈について

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音楽のなかの言葉
著作者等 Brendel, Alfred
木村 博江
ブレンデル アルフレート
書名ヨミ オンガク ノ ナカ ノ コトバ
書名別名 Music sounded out

Ongaku no naka no kotoba
出版元 音楽之友社
刊行年月 1992.3
ページ数 329, 11p
大きさ 20cm
ISBN 4276203635
NCID BN07346337
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92031156
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想