臨床人類学 : 文化のなかの病者と治療者

アーサー・クラインマン 著 ; 大橋英寿 ほか共訳

台湾の台北市をフィールドに、民間療法者タンキーと患者との関係における病気観とは何かを、医者と患者のものの考え方、信頼関係、宗教、さらには家族、コミュニティなど幅広い視点から考察し、著著独自の「説明モデル」「医療文化システム」を提示する。社会科学者だけでなく、医者、看護婦、ソーシャル・ワーカーなど必読の書。王立人類学協会ウェルカム賞受賞。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • オリエンテーション(問題・背景・アプローチ
  • 文化、ヘルス・ケア・システム、臨床リアリティ
  • 中核的臨床機能と説明モデル)
  • 病気体験と病気行動の文化的構成(中国文化における情動と症状
  • 情動変調と情動障害の身体化モデル)
  • 家族を中心とするヘルス・ケア-民間ヘルス・ケア・セクターの実態調査
  • 病者と治療者(宗教的民俗治療者とクライエントの関係
  • 専門的治療者と患者の関係、および家族と病者の関係)
  • 癒しの過程-土着治療者の追跡調査
  • エピローグ-医療人類学、医学・精神医学への提言

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 臨床人類学 : 文化のなかの病者と治療者
著作者等 Kleinman, Arthur
大橋 英寿
作道 信介
川村 邦光
遠山 宜哉
クラインマン アーサー
書名ヨミ リンショウ ジンルイガク
書名別名 Patients and healers in the context of culture
出版元 弘文堂
刊行年月 1992.3
ページ数 480p
大きさ 22cm
ISBN 4335570473
NCID BN07333346
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92029230
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想