英国文壇史

小野寺健 著

[目次]

  • プロローグ 儀式の終り
  • 第1章 貴族の頽廃-異端者オットリン
  • 第2章 紳士と庶民-ゴールズワージーとベネット
  • 第3章 世紀末のロンドン
  • 第4章 時代の子H.G.ウェルズ
  • 第5章 アウトサイダーたちの交遊
  • 第6章 レズリー・スティーヴンとその家族
  • 第7章 リットン・ストレイチーの青春
  • 第8章 理想主義者エドワード・カーペンター
  • 第9章 パリのベネット
  • 第10章 オットリン・モレル夫人のサロン
  • 第11章 ロレンス登場
  • 第12章 ロレンスの孤独の日々
  • 第13章 フリーダ・ウィークリー
  • 第14章 セイロンの海と陸-レナード・ウルフの植民地経験
  • 第15章 E.M.フォースターのインドへの道
  • 第16章 ウルフ夫妻の初期の結婚生活
  • 第17章 ロレンスの放浪
  • 第18章 ガーシントンにて-ハックスリーとエリオット
  • エピローグ シェイクスピア書店

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英国文壇史
著作者等 小野寺 健
書名ヨミ エイコク ブンダンシ
書名別名 1890-1920
出版元 研究社
刊行年月 1992.2
ページ数 364, 27p
大きさ 20cm
ISBN 4327481084
NCID BN07323105
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92031503
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想