歴史の終わり  上

フランシス・フクヤマ 著 ; 渡部昇一 訳

本書は論点にいささかの曖昧さ、不明な点がない。最近の歴史書にはめずらしく、プラトン、カントから始まり、ヘーゲル、マルクス、エンゲルス、ニーチェなどの大思想家たちをふまえ、重厚な歴史論を展開している。そして、われわれが今おかれている立場が歴史上でどのようなところにあるのか、またそこに生ずるこれからの問題は何かを実に明快に解き明かしている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 なぜいま一つの歴史が終わりを告げるのか-世界史における歴史的「大転換」とその内部構造(20世紀がもたらした最大の「歴史的教訓」
  • 「強国」の致命的弱点
  • あまりにも貧しすぎた「超大国」
  • 「千年王国」の旗手)
  • 第2部 幻想のうちに崩壊した「自由の王国」-ヘーゲルの予言はなぜマルクスよりも正確だったのか(人間にとって「普遍的な歴史」とは何か
  • 歴史に見る人間の「欲望」のメカニズム
  • 歴史は決して「逆流」しない
  • 社会進歩のメカニズムと資本主義体制
  • 自由市場経済の圧倒的勝利
  • 民主主義の弱点・権威主義の美点
  • 近代をのし歩いた「悪魔」
  • 「自由の王国」のなかで)
  • 第3部 歴史を前進させるエネルギー-「認知」を求める闘争と「優越願望」(はじめに「死を賭けた戦い」ありき
  • 近代史に登場した「最初の人間」
  • 共産主義がつきつけたファウスト的「交換条件」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 歴史の終わり
著作者等 Fukuyama, Francis
渡部 昇一
フクヤマ フランシス
書名ヨミ レキシ ノ オワリ
書名別名 The end of history and the last man
巻冊次
出版元 三笠書房
刊行年月 1992.3
ページ数 332p
大きさ 20cm
ISBN 4837954790
NCID BN07314862
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92028877
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想