芸術と疎外 : 社会における芸術家の役割

ハーバート・リード 著 ; 増淵正史 訳

近代資本主義下の科学と科学技術に支配された人間と時代の病弊を芸術と芸術家に論及し暴き出し、プラトン、ゲーテ、ユングらを援用しつつ、真の芸術と呼ぶ創造的営為および人間的回復への方途を探った記念碑的著作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 現代社会における芸術の機能
  • 第2章 合理的社会と非合理的芸術
  • 第3章 絵画の限界
  • 第4章 様式と表現
  • 第5章 ヒエロニムス・ボッス-象徴的統合
  • 第6章 フェルメールの静謐な芸術
  • 第7章 フィンセント・ファン・ゴッホ-疎外の研究
  • 第8章 マティスの彫刻-平衡・純粋・静謐
  • 第9章 ヘンリー・ムア-融和する元型
  • 第10章 ワシリー・カンディンスキーの明澄な秩序
  • 第11章 ベン・ニコルソン-内的本質
  • 第12章 ナウム・ガボ-空虚な未来の門の前で

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 芸術と疎外 : 社会における芸術家の役割
著作者等 Read, Herbert Edward
Read, Herbert Edward, Sir
増淵 正史
Read Herbert
増渕 正史
リード ハーバート
書名ヨミ ゲイジュツ ト ソガイ
書名別名 Art and alienation
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 360
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1992.2
ページ数 239, 11p 図版20枚
大きさ 20cm
ISBN 4588003607
NCID BN07291541
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92033950
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想