化学肥料の流通機構

森七郎 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき
  • 序章 化学肥料と日本農業
  • 第一節 化学肥料の変遷の概要 / p3
  • 第二節 肥料流通機構の問題点 / p7
  • 第三節 化学肥料生産の問題点 / p11
  • 第四節 化学肥料消費の問題点 / p15
  • 第一章 肥料二法成立までの経過と意義
  • 第一節 ダンピング輸出と二重価格発生の背景と意義 / p21
  • 第二節 肥料対策委員会の設置とその答申内容 / p36
  • 第三節 硫安二法審議をめぐるメーカー・全購連・商祉の諸対策 / p56
  • 第二章 肥料二法発足による肥料流通機構の変化
  • 第一節 日本硫安[輸]出株式会社の設立と需給計画・公定価格の決定方法 / p77
  • 第二節 商人系統組織の再編成と農協系統の全利用共同計算制の実施 / p102
  • 第三章 肥料二法体制下における諸矛盾の発現
  • 第一節 肥料汚職の発生と農協・商社両系統対立の新展開 / p127
  • 第二節 商社系の躍進と停滞および流通費の実態 / p147
  • 第三節 高値[輸]出からダンピング輸出への転化 / p152
  • 第四節 メーカー間の格差拡大と化成肥料値下げ運動 / p173
  • 第五節 メーカーおよび政府の不況対策と肥料二法改正問題 / p191
  • 第六節 硫安工業一次合理化計画の成果と矛盾 / p201
  • 第四章 肥料二法延長下における化学肥料工業の諸矛盾
  • 第一節 硫安工業第二次合理化計画の目標と意義 / p221
  • 第二節 化学肥料の輸出赤字といわれるものの実態 / p251
  • 第五章 肥料二法延長下における肥料流通機構
  • 第一節 商社系統における系列化とカルテル体制の強化 / p285
  • 第二節 メーカーのカルテル攻勢と農協系統組織の問題点 / p311
  • 第六章 肥料二法延長下における肥料政策の動揺
  • 第一節 肥料内需の構造変化と生産過剰の再発 / p325
  • 第二節 価格差補給金をめぐるメーカー・通産省と大蔵省との対立と協調 / p347
  • 第三節 肥料二法廃止問題の背景と意義 / p373

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 化学肥料の流通機構
著作者等 森 七郎
書名ヨミ カガク ヒリョウ ノ リュウツウ キコウ
書名別名 Kagaku hiryo no ryutsu kiko
出版元 御茶の水書房
刊行年月 1964
ページ数 400p
大きさ 22cm
NCID BN07285389
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64013562
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想