ドイツ会計学序説

浅羽二郎 著

[目次]

  • 目次
  • 第一部 ドイツの会計理論史研究の現代的課題 / p1
  • 第一章 わが国会計理諭の現代的諸問題 / p3
  • -研究の視角形成のために-
  • 一 はじめに / p3
  • 二 わが国の会計近代化過程 / p5
  • 三 近代的会計の転換と会計主体論 / p9
  • 第二章 ドイツ会計理論史研究の焦点 / p11
  • -現代会計理論の課題との関係-
  • 一 はじめに / p11
  • 二 資産概念への二つのアプローチ / p12
  • 三 二つのアプローチの特徴 / p16
  • 四 二つのアプローチ統合のこころみ / p23
  • 五 問題の焦点 / p30
  • 第三章 ドイツ会計理論史研究方法の検討-その一- / p33
  • -論理的系譜展開の視点-
  • 一 はじめに / p33
  • 二 資産構成高度化説-その一- / p35
  • 三 資産構成高度化説-その二- / p42
  • 四 検討 / p43
  • 第四章 ドイツ会計理論史研究方法の検討-その二- / p47
  • -社会的基礎展開の視点-
  • 一 はじめに / p47
  • 二 社会的基礎契機説の視角形成 / p50
  • 三 二組の対抗関係=簿記と企業会計、経営と信用 / p57
  • 四 社会的基礎契機説の検討 / p60
  • 五 制度的契機説 / p63
  • 六 制度的契機説の検討 / p68
  • 第五章 資本維持論と個別資本循環論 / p73
  • -会計計算構造の基底-
  • 一 はじめに / p73
  • 二 会計目的と計算構造の関係 / p75
  • 三 貨幣資本循環と名目資本維持 / p85
  • 四 生産資本循環と実体資本維持 / p94
  • 五 「相対的価値維持」は商品資本循環か / p99
  • 第二部 初期ドイツ会計理論の再検討 / p107
  • 第一章 法的規定の展開と先駆的批判者 / p109
  • 一 はじめに / p109
  • 二 ドイツ商法の展開概観 / p113
  • 三 商法規定とその批判者たち / p120
  • 第二章 シェフラー貸借対照表論の再検討 / p124
  • 一 はじめに / p124
  • 二 H・シェフラー理論検討の焦点 / p125
  • 三 H・シェフラー理論の構成 / p131
  • 四 実在的・観念的借方および貸方 / p140
  • 五 H・シェフラー理論の意義 / p146
  • 第三章 v・ウィルモウスキーの費用配分原理 / p151
  • 一 はじめに / p151
  • 二 v・ウィルモウスキーとR・フィッシャー / p154
  • 三 v・ウィルモウスキーの減価償却論 / p157
  • 四 v・ウィルモウスキーの減耗控除論 / p165
  • 五 v・ウィルモウスキー理論の評価 / p169
  • 第四章 フィッシャー理論の構造 / p175
  • 一 はじめに / p175
  • 二 戦後わが国のR・フィッシャー研究 / p179
  • 三 二つのR・フィッシャー理解 / p182
  • 四 R・フィッシャー理論の検討 / p191
  • 五 おわりに / p198

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 ドイツ会計学序説
著作者等 浅羽 二郎
書名ヨミ ドイツ カイケイガク ジョセツ
出版元 森山書店
刊行年月 1966
ページ数 200p
大きさ 22cm
NCID BN0728393X
BN07283940
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
66004839
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想