ジンギス・カンの国へ

高瀬秀一 著

モンゴルは、ロシアと中国の間で、ある時代には世界の雄として、またある時は被征服者として、歴史の流れの中に様々の変貌を遂げてきた。また、この遊牧と騎馬の民たちは、雄大な自然の中で独得の文化を育んできた。そして現代、世界の劇的な変動の中で、ジンギス・カンを初めとする過去の歴史の復活とともに、モンゴルは再び生まれかわろうとしている。この激動の時代に全権大使として当地に赴任した著者がつぶさに見たモンゴルの素顔を生々しく伝える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 草原の国へ
  • 第2章 歴史と文化
  • 第3章 政治・経済事情
  • 第4章 自然と史蹟
  • 第5章 ペレストロイカの嵐

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジンギス・カンの国へ
著作者等 高瀬 秀一
書名ヨミ ジンギス カン ノ クニ エ
書名別名 Jingisu kan no kuni e
シリーズ名 丸善ライブラリー
出版元 丸善
刊行年月 1992.2
ページ数 251p
大きさ 18cm
ISBN 4621050389
NCID BN07283350
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92027352
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想