再生の女神セドナ : あるいは生への愛

ハンス・ペーター・デュル 著 ; 原研二 訳

インディアンの太陽踊りやエスキモーの女神セドナをはじめ、古今東西にわたる狩猟民の女神たちと世界更新儀礼の中に、彼らの<生への愛>を読みとる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 洞窟(新生の小屋
  • 滝壷の老女と黄色い髪の処女
  • セイウチの母
  • 大地の胎の中で
  • 愛と私
  • シャーマンと獣の女
  • 氷河期のヴェーヌス)
  • 第2部 迷宮(豹女とハゲワシの女
  • 彼の母の牡牛
  • 愛人を八つ裂きにする
  • 迷宮の女王
  • 死者の島への道
  • 鶴踊り
  • 牡牛越えの跳躍
  • 睡蓮を持つ女性
  • 姿を消す女神
  • ペルセポネーの胎内)
  • 第3部 逃走の試み(生への愛
  • なべての生は苦脳なり
  • 時は停止せねばならぬ
  • 独自の色を持たない鳥たち
  • 小道はパセリ畑のまん中に終わる)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 再生の女神セドナ : あるいは生への愛
著作者等 Duerr, Hans Peter
原 研二
デュル ハンス・ペーター
書名ヨミ サイセイ ノ メガミ セドナ
書名別名 Sedna
シリーズ名 叢書・ウニベルシタス 349
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1992.2
ページ数 500, 114p
大きさ 20cm
ISBN 4588003496
NCID BN07279739
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92033392
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想