微粒子が気候を変える : 大気環境へのもう一つの視点

三崎方郎 著

人類の将来を左右する気候変動と大気環境変化の要因である、二酸化炭素による地球の温暖化、フロンによる成層圏オゾンの破壊が、国連で大きな課題となってきた。本書は、化石燃料からの硫酸塩粒子、火山の噴煙、油井火災のスス等の、成層圏と対流圏に浮遊している微粒子が直接関与する「オゾンホール」「核の冬」の形成の仕組みから、間接的に気候変動を引き起こす自然および人為的な仕組みまでを、初めて詳しく系統的に考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 大気環境の主役たち
  • 第1章 火山活動とエーロゾル
  • 第2章 雲粒のできるまで
  • 第3章 エーロゾルのできるまで
  • 第4章 硫黄化合物の循環
  • 第5章 エーロゾル、雲と放射
  • 第6章 核の冬と炭素粒子
  • 第7章 成層圏エーロゾル
  • 第8章 オゾンホールとPSC
  • 第9章 対流圏エーロゾルの重要性の見直し

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 微粒子が気候を変える : 大気環境へのもう一つの視点
著作者等 三崎 方郎
書名ヨミ ビリュウシ ガ キコウ オ カエル
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1992.2
ページ数 202p
大きさ 18cm
ISBN 4121010612
NCID BN07279579
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92037860
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想