パリからの旅 : 1989~1991 いま、ヨーロッパは

海老坂武 著

1989年から2年間、海外研修という形で2年間のフランス生活を送ることになった著者は、この機会に、93年のヨーロッパ統合を前にした<南>を、生活レヴェルで見ておこうとする。東欧、シチリア、ポルトガル、テネリフェ島、南仏の田舎を旅し、太陽と風と人々の生活に触れながら確認するヨーロッパの肌ざわり。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 テネリフェ島-谷間が残した本と記念碑
  • 2 東欧の春-せっかちなチェコスロヴァキア人、のんびりしたハンガリー人
  • 3 シチリアの雑種文化-21世紀のヨーロッパ?
  • 4 ポルトガル、その動と静-二つの選択肢
  • 5 フランスの田舎暮し-窓ぎわのラヴェンダ
  • 6 私と旅-結びにかえて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パリからの旅 : 1989~1991 いま、ヨーロッパは
著作者等 海老坂 武
書名ヨミ パリ カラノ タビ
書名別名 Pari karano tabi
シリーズ名 中公新書
出版元 中央公論社
刊行年月 1992.2
ページ数 185p
大きさ 18cm
ISBN 4121010604
NCID BN07279513
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92037636
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想