生涯学習と主体形成

宮坂広作 著

[目次]

  • 1 社会教育と主体形成(はじめに-問題の所在と意義
  • ひとつの「自己形成」論-福尾武彦のばあい
  • 社会化と個体化
  • 自己変革の契機とすじみち-農村文化運動と有機農業)
  • 2 社会教育と生活者・市民の自己形成(なぜ「生活者・市民の自己形成」を問うのか
  • 消費者の暮らし向きと生活意識
  • 生協運動における生活者・市民の自己形成
  • 覚醒の学習と人間解放の教育)
  • 3 社会教育における労働と学習の結合-人間的労働主体の形成を求めて(はしがき-問題の所在
  • 臨教審答申における将来構想
  • 労働と教育の結合についての思想と理論
  • 英国における問題状況-職業訓練強化政策の動向と矛循
  • ワーカーズ・コーペラティブの可能性
  • おわりに-現代産業社会における労働疎外と社会教育の課題)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 生涯学習と主体形成
著作者等 宮坂 広作
書名ヨミ ショウガイ ガクシュウ ト シュタイ ケイセイ
出版元 明石書店
刊行年月 1992.3
ページ数 316p
大きさ 20cm
NCID BN07275909
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92030819
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想