非婚を生きたい : 婚外子の差別を問う

善積京子 編

自らの意志で、非婚を積極的に選んだ人たちの悩みと闘いを紹介し、その生きかたの前に立ちはだかる現在の戸籍制度を告発し、多様な生き方を保障する社会をめざす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 非婚の親と婚外子への差別
  • 1 婚外子差別との闘いの軌跡(住民票の続柄裁判-嫡出・非嫡出子を区別して記載するのは不当な差別
  • 相続法が「正当化」している差別-婚外子の立場から
  • 父性の推定
  • 非婚母子家庭と福祉行政
  • 事実婚と法的扶養
  • 出生届の窓口闘争と私をつなぐもの
  • マスコミにみる非婚の親・婚外子の差別)
  • 2 非婚の論理(婚外出生と身分登録制度-日本・スウェーデン・アメリカの三国比較
  • 非婚の母とその子ども-その歴史と現在
  • 婚姻制度とライフスタイルの自由)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 非婚を生きたい : 婚外子の差別を問う
著作者等 善積 京子
書名ヨミ ヒコン オ イキタイ
書名別名 Hikon o ikitai
出版元 青木書店
刊行年月 1992.2
ページ数 256p
大きさ 20cm
ISBN 4250920062
NCID BN0725610X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92029054
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想