仁義なき映画論

ビートたけし 著

「芸能ナヨコは"さげまん"、そのまんま東は"さげちん"だ」(『あげまん』より)「チケット押し売り方式で収益上げるなんて失礼じゃないか」(『天と地と』より)など話題の邦・洋画計34作を冴えまくる毒舌でメッタ斬り。森羅万象に展開しながらの批評に映画通もつい発情。これは監督北野武による映画観賞の手引書だ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「あげまん」ってのはソープ嬢ぐらい 女に頼ってちゃ出世はできねえって-『あげまん』伊丹十三監督
  • 「赤と黒のエクスタシー」つってもアラ探しのほうが陶酔しちゃうって-『天と地と』角川春樹監督
  • 釣りがしたいからって亡命しちゃあソ連海軍がレッドな顔して怒るって-『レッド・オクトーバーを追え!』ジョン・マクティアナン監督
  • たとえSFX技術に大金かけてもアポロの月面着陸にはかなわないぜ-『クライシス 2050』リチャード・C・サラフィアン監督
  • 14対15の野球の試合見てるようでバカにゃピッタリのアクション物だ-『ダイ・ハード2』レニー・ハーリン監督
  • たけしって名の田舎のガキ大将使って涙の友情物語たぁ子供もシラけるぜ-『少年時代』篠田正浩監督
  • アングラ特有のパワーは感じても広東語の響きが肌に合わねえっての-『てなもんやコネクション』山本政志監督
  • インチキくさい浪人に憧れてるからパンツにコカイン隠しちゃうんだよ-『浪人街』黒木和雄監督〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 仁義なき映画論
著作者等 ビートたけし
書名ヨミ ジンギナキ エイガロン
書名別名 Jinginaki eigaron
出版元 太田
刊行年月 1991.12
ページ数 235p
大きさ 20cm
ISBN 4872330498
NCID BN0725378X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
93023330
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想