荒野をゆく : 熱河・蒙古宣教史

熱河会 編

[目次]

  • 荒野を行く 目次
  • 序 大村勇 / p1
  • 序章 神のことば / p9
  • 第一章 召命 / p11
  • 第一節 切り出された石 / p11
  • 第二節 満州伝道会の発足 / p18
  • 第二章 熱河開教 / p25
  • 第一節 熱河省 / p25
  • 第二節 祈りの山 / p30
  • 第三章 奥地開拓 / p37
  • 第一節 囲場と赤峯 / p37
  • 第二節 王玉新 / p41
  • 第三節 興隆開拓 / p48
  • 第四章 展開 / p56
  • 第一節 熱河往来 / p56
  • 第三節 沢崎堅造の来承 / p63
  • 第三節 太原における伝道 / p66
  • 第五章 摂理 / p69
  • 第一節 暗き試錬 / p69
  • 第二節 福井の帰国 / p72
  • 第三節 砂山来任 / p74
  • 第四節 弟兄会合同 / p78
  • 第五節 砂山興隆赴任 / p84
  • 第六章 熱河宣教塾 / p87
  • 第一節 沢崎来承 / p87
  • 第二節 二橋・山田・野沢の着任 / p90
  • 第三節 宣教塾開設 / p92
  • 第四節 青竜伝道 / p96
  • 第七章 承徳霊修会 / p102
  • 第一節 熱東進出 / p102
  • 第二節 双山子伝道 / p109
  • 第三節 砂山帰国 / p112
  • 第八章 北へ / p115
  • 第一節 熱河宣教会議 / p115
  • 第二節 〓河退修 / p120
  • 第三節 赤峯移動 / p126
  • 第九章 赤峯霊修会 / p132
  • 第一節 隆化と永見 / p132
  • 第二節 赤峯大会 / p135
  • 第三節 林西進出 / p141
  • 第四節 官憲迫害 / p146
  • 第十章 熱河伝道会議 / p150
  • 第一節 暗雲 / p150
  • 第二節 中出帰国 / p156
  • 第三節 巴林伝道 / p159
  • 第十一章 荒野へ / p163
  • 第一節 敗色 / p163
  • 第二節 大板上進出 / p165
  • 第十二章 崩壊 / p171
  • 第一節 嵐の前 / p171
  • 第二節 一ケ月前 / p176
  • 第三節 青竜三銃士 / p179
  • 第四節 最後の参加者 / p182
  • 第五節 応召 / p186
  • 第十三章 試錬 / p193
  • 第一節 脱出 / p193
  • 第二節 別離 / p197
  • 第三節 入獄 / p202
  • 第十四章 敗戦 / p210
  • 第一節 奉天潜入 / p210
  • 第二節 興隆潜入 / p215
  • 第三節 牛荘街道 / p218
  • 第四節 砂漠に立つ十字架 / p222
  • 第十五章 殉教の荒野 / p229
  • 第一節 孤児と共に / p229
  • 第二節 永見とその家族たち / p234
  • 第三節 山田・沢崎帰還 / p238
  • 第四節 再び承徳へ / p240
  • 第五節 失明の光明 / p246
  • 終章 祈りと共に / p251
  • 附記 沢崎堅造の殉教に就いての諸説 / p254
  • 後記 福井二郎 / p257
  • 熱河宣教人事往来
  • 熱河宣教各牧師在任期間表
  • 宣教塾関係者召天記録
  • 写真総目次

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 荒野をゆく : 熱河・蒙古宣教史
著作者等 熱河会
書名ヨミ コウヤ オ ユク : ネッカ モウコ センキョウシ
出版元 未来社
刊行年月 1967
ページ数 264p
大きさ 21cm
NCID BN07253134
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
67006470
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想