第二次大戦後の西独通貨改革

宮田喜代蔵 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 両大戦後のドイツ通貨改革の地位 / p1
  • 第一 両次の通貨改革の対照 / p1
  • 第二 世界通貨改革史における独ソの特性 / p4
  • 第二章 インフレーションと通貨改革 / p8
  • 第一 インフレーションの二つの類型 / p8
  • 第二 通貨改革の四つの類型 / p10
  • 第三 二つのインフレーションと通貨措置 / p24
  • 第三章 第一次大戦後のドイツのインフレーションと通過改革 / p32
  • 第一 インフレーションの三つの時期 / p32
  • 第二 事実上の平価切下げとデノミネーション切下げ(レンテン・マルクの登場) / p36
  • 第三 立法的平価切下げ(ライヒス・マルクの登場) / p38
  • 第四 開放的インフレーションと安定的平価切下げ / p43
  • 第四章 第二次大戦後のドイツのインフレーションと通貨改革 / p46
  • 第一 第一期・戦争準備期 / p49
  • 第二 第二期・戦争遂行期 / p51
  • 第三 第三期・終戦から通貨改革まで / p54
  • 第四 全期間の通覧 / p56
  • 第五 抑圧的インフレーション対策と通用価値切下げ / p62
  • 第六 通用価値切下げの成果 / p65
  • 第七 国債処理の財政的理由 / p67
  • 第五章 通貨改革論議の発展 / p70
  • 第一 通貨改革論議の特徴 / p70
  • 第二 本位技術的問題と経済政策的問題 / p75
  • 第三 通貨改革論議の経過 / p80
  • 第四 通貨改革論議のもつ意義 / p83
  • 第六章 通貨改革以前の事態 / p85
  • 第一 通貨改革以前の通貨事態 / p85
  • 第二 通貨改革の目標 / p92
  • 第三 通貨改革当時の諸状況 / p98
  • 第四 通貨改革の準備的措置 / p101
  • 第七章 通貨改革の概説 / p112
  • 第一 通貨改革の基本的構造 / p112
  • 第二 通貨改革の補完的措置 / p123
  • 第八章 通貨改革の主要措置 / p129
  • 第一 通貨法 / p129
  • 第二 発券法 / p137
  • 第三 切替法 / p139
  • 第九章 通貨改革の補完的措置 / p150
  • 第一 ドイツ・マルク開始貸借対照表 / p150
  • 第二 平衡請求権 / p169
  • 第三 負担平衡の措置 / p176
  • 第四 財産課税 / p198
  • 第十章 総合的経済政策と通貨改革 / p204
  • 第一 通貨改革前の経済的矛盾 / p204
  • 第二 総合的経済政策の展開 / p213
  • 第十一章 通貨改革以後の経済的推移 / p225
  • 第一 通貨改革後の通貨、物価、為替 / p225
  • 第二 通貨改革後の経済活動 / p241
  • 第三 両通貨改革後の回復過程 / p246
  • 参考文献 / p267

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 第二次大戦後の西独通貨改革
著作者等 宮田 喜代蔵
書名ヨミ ダイ 2ジ タイセンゴ ノ セイドク ツウカ カイカク
書名別名 Dai 2ji taisengo no seidoku tsuka kaikaku
シリーズ名 清明会叢書 ; 6
出版元 清明会
刊行年月 1967
ページ数 270p 図版
大きさ 22cm
NCID BN0725122X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68002330
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想