柳田国男の民俗学

福田アジオ 著

日本民俗学の父、柳田国男。「日本一小さい家」に生まれ、飢饉を原体験にもつ彼は、その後半生を経世済民の新しい学問"民俗学"の開拓に捧げる。本書は、日本の名もなき人々の生活の中に歴史を発見しようとした柳田の民俗学を「家永続の願い」「ハレとケ」などのキーワードで読み解き、その成果と限界を示しながら、今後の民俗学の方向性を展望する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 柳田国男の生涯と民俗学
  • 2 方法と歴史認識
  • 3 家永続の願いと親子
  • 4 働く女と神を祀る女
  • 5 ハレとケ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 柳田国男の民俗学
著作者等 福田 アジオ
書名ヨミ ヤナギタ クニオ ノ ミンゾクガク
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1992.3
ページ数 274p
大きさ 20cm
ISBN 4642072950
NCID BN07250555
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
92027582
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想