イギリス封建社会経済史

矢口孝次郎 著

[目次]

  • 標題
  • 目次
  • 第一章 封建制度 / 1
  • 第一節 封建制度の意義 / 1
  • 第二節 封建制度における二つの構造 / 13
  • 第二章 封建社會の構造 / 19
  • 第一節 身分社會としての封建社會 / 19
  • 一 社會構造の意義 / 19
  • 二 身分の發生 / 22
  • 三 封建社會の身分的秩序 / 24
  • 第二節 封建社會の階級構造 / 30
  • 一 身分と階級との關係 / 30
  • 二 上層支配階級 / 34
  • 三 下層隷屬階級 / 42
  • 第三章 イギリス封建制度の成立過程 / 48
  • 第一節 アングロ・サクソン時代の封建化 / 48
  • 一 封建化の意義 / 48
  • 二 一身上の隷屬化の過程 / 57
  • 三 司法權專有の過程 / 62
  • 四 土地領主權成立の過程 / 65
  • 第二節 ノルマン時代における封建制度の成立 / 77
  • 一 一般的特質 / 77
  • 二 封建的土地保有關係の成立 / 85
  • 三 統治上における王政 / 93
  • 第四章 上部構造における諸關係 / 100
  • 第一節 臣從關係 / 100
  • 第二節 土地保有關係 / 107
  • 一 土地保有關係の重要性 / 107
  • 二 公式的に觀たる土地保有關係 / 111
  • 三 土地保有關係における奉仕の意味 / 115
  • 四 土地保有の諸形態 / 119
  • 五 土地保有に伴う諸義務 / 139
  • 六 封建的土地保有の歴史的意義 / 149
  • 第五章 下部構造としての莊園(マナア) / 154
  • 第一節 莊園制度に關する問題史の概説 / 154
  • 一 原始土地總有制の問題 / 154
  • 二 イギリスにおける村落共同體の問題 / 160
  • 三 マナアに關する「古典的理論」の修正 / 171
  • 第二節 マナアの概念 / 193
  • 一 マナアの方式 / 193
  • 二 マナアの諸類型 / 201
  • 三 典型的マナア / 209
  • 第三節 封建的所領の外的構成 / 212
  • 第四節 マナアの經濟機構 / 217
  • 一 二重の機構 / 217
  • 二 農村人口の構成 / 220
  • 三 開放耕地制度の問題 / 229
  • 四 總有地及び總有權 / 247
  • 五 領主の經濟機構 / 253
  • 六 二重の機構の綜合としてのマナア / 266
  • 第五節 隷農制度概説 / 272
  • 一 隷農の意義 / 272
  • 二 隷農身分の發生 / 276
  • 三 法律上における隷農の地位 / 278
  • 四 社會的經濟的地位 / 283
  • 五 賦役及び貢祖 / 287
  • 六 隷農身分の消滅 / 295

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 イギリス封建社会経済史
著作者等 矢口 孝次郎
書名ヨミ イギリス ホウケン シャカイ ケイザイシ
書名別名 Igirisu hoken shakai keizaishi
出版元 日本評論社
刊行年月 1949
ページ数 296p
大きさ 22cm
NCID BN07249975
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
49005349
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想